ハッピーフライト CAログ

元キャビンアテンダントの日常生活とCAになりたい!を応援するブログ

在英妻の救世主 中華系スーパーの偉大さについて

 

LOON FUNG スーパー ロンドン

 

 

今回はイギリス生活における

日本食材やアジア系商品の調達には欠かせない

中華系スーパー「LOON FUNG」についてご紹介します❢

イギリス、特にロンドン市内に駐在している方、

駐在予定の方にはおすすめです✨

 

 

 

 

 

中華系スーパーLOON FUNGとは

 

LOON FUNG スーパー ロンドン

LOON FUNG

 

LOON FUNG(ルーンファン)は、ロンドン市内に

Tottenham(トッテナム)、Colindale(コリンデール)、

Alperton(アルパートン)、Chinatown(チャイナタウン)、

Stratford(ストラットフォード)の5か所に店舗を持つ中華系スーパーです。

なぜこのお店に行くようになったかというと、

在英妻なら1度は必ず経験したことがあると思うのですが

世界では日本食ブームが来ているとは言われつつも

いかんせん日本の調味料や食材の手に入りにくい❢

しかも高い❢送料やら関税やら手数料やら

手間がかかっている分、いろーーーーんな料金が上乗せされて

とにかく高い❢

なので少しでも安く、気軽に家庭で日本食を楽しみたい

という思いからこのスーパーに行きつきました💡

  

もちろん、日本食ブームのおかげか日本食レストランは結構あって

寿司とか、カレーとか、ラーメンとか

そういうお店に行けば確かに美味しい日本食が食べられる。

けど❢

やっぱり基本高い。

日本での値段を知ってしまっているからこそ尚更高く感じる😭

しかも、たまに日本食の名前が書いてあっても

食べてみるともはや日本食でもなんでもなく、

東南アジア風(というかタイ風?)の何か

になってしまって期待はずれな物もあるので

結局自分で作ってしまった方が確実なのです🌟

 

 

日本食専門店、地元スーパー、中華系スーパーの違い

 

上記でもお伝えした通り、

簡単ではないけどロンドンでも日本の食材を入手することはできます。

とはいえ、地元スーパー、日本食専門店、中華系スーパーの3つの

どこかからしか基本的に入手することはできません。

そこで、この3つのお店に置いている商品の特徴や価格の違いを

それぞれまとめてみました❢

 

日本食スーパー(Japan Centreなど)

・基本的に日本から輸入した日本産の商品を取り扱っている

お刺身やお蕎麦、お餅など日本ならではの食材が手に入る

 日本の季節に合わせた商品が売っている

 なじみのある商品なので作り方や味が分かりやすい&想像つきやすい

 ×値段が高い(物によっては日本の倍近くする)

 ×お店の規模が小さい&品揃えもそこそこ

 

⭐中華系スーパー

・中国の商品を中心に日本や韓国、ベトナムなどアジアの商品を取り扱っている

日本食専門店に比べると全体的に安い

 日本食専門店には無い他の国の商品も買える

 比較的お店の規模が大きい&品揃えが良い

 ×基本的に中国語などで表記されていてどんな商品なのかが分かりにくい

 ×生肉や魚の衛生面とクオリティーは謎(日本食専門店と比較すると恐らく劣る)

 

⭐UK地元スーパー

・UKでもメジャーな物やUK民のニーズに合わせた商品を中心に取り扱っている

アジア系スーパーよりも若干安い

 店舗数が多く手に入りやすい(殆どのお店にアジア系コーナーが設置されている)

 ×品揃えが少ない

 ×味が想像してた物と違う時がある(UKの食品メーカーが日本風に作っている感じ)

 

上記のまとめから分かるように、

仕入れている量が多いからなのか

中華系スーパーに行けば日本食スーパーでは

取り扱っていない種類の商品まで置いてあり、

それでいて日本食スーパーよりも

安く手に入れることが出来てしまうのです。

 

物の良さで考えれば圧倒的に完全に

日本食スーパーで買うのが間違いないのですが、

なんせ店舗数が少なくてわざわざ買いに行くのが面倒&

値段が高いので、近くに住んでいる人や経済的に余裕がありすぎる人以外は

なかなか毎回利用するのは難しいというのが本音です💦

 

 

LOON FUNGのマストバイ商品 

 

私がLOON FUNGで毎回大量買い&絶対買う商品をまとめました❢

値段だけでなくクオリティーを考慮しても

おすすめできる商品です❢

 

 

その1. 

「薄切り肉」

 

意外だと思われるかもしれませんが、

UKでは薄切り肉は貴重なんです❢

日本ではどこのスーパーでも売っているし、

豚肉も牛肉も薄切りされているお肉が主流ですよね❢

でも、UKではスライスのお肉は地元のスーパーには売ってないんです。

なので、すき焼きやしゃぶしゃぶなど料理でスライス肉が必要な場合は

ブロックで買ってきて自分でスライスするか、

アジア系のスーパーで買ってくるかの2通りになります。

このスライス肉を日本食専門店で買おうとすると

冷凍保存されたスライス肉がたった10~15枚程度で

£6~8(日本円で約800~1000円)くらいします。

高すぎません😂?

なので、私は自力スライスを1度試してみたことがありますが

思ったよう上手く薄く切れずに断念しました。

でも、LOON FUNGで冷凍の薄切り肉が大量に入って

£5~6(日本円で約700~800円)を見つけた時から

毎回薄切り肉は行ったら必ず買います❢

クオリティーに関しても、結局日本食スーパーで冷凍肉買うなら

中華系スーパーで冷凍肉買っても同じじゃん?と思っている人間なので

全然気にしていません。

 

 

その2.

「カボチャ」

 

これはむしろLOON FUNGでしか買えないです😂

我が家では日本に居た頃からカボチャは結構消費していたのですが

イギリスに来てみてびっくり。

日本のカボチャなんてどこにも売ってないし、

UKのカボチャ美味しくないし、食べれるもんじゃない。

(あくまで個人的に、です😅)

今まで当たり前のように食べていけど、

日本のカボチャって凄く美味しかったんだなと実感しました。

調べてみると、日本のカボチャは「栗かぼちゃ」という

特殊な種類のカボチャで、日本以外では殆ど流通していないし

それに代わるような代用品も見つかりませんでした。

でも、LOON FUNGなら半玉£5くらいで手に入れることができます❢

しかも、ちゃんと日本産のやつ。

かぼちゃで£5ってちょっと高いけど、

それでも日本のカボチャが食べれると思えば

安いものだと思っています。

 

 

その3.

「豆腐」

 

実はUK地元スーパーにもお豆腐自体は結構売っています。

でも、UKではどちらかというとヘルシーフードや

ベジタリアン、ビーガンの人向けの食事として扱われていることが多いです❢

なので、日本で親しみのあるお豆腐とはちょっと違っていて

お肉とかの代わりにお腹にたまるような

硬くて、ボソボソしていてずっしりした重さのあるようなお豆腐なのです。

そもそも原材料も大豆ではなく枝豆です。

なので冷ややっこのようなプルプルしたお豆腐は

日本食スーパーか中華系スーパーでしか手に入らず、

特に中華スーパーなら同じ日本のお豆腐でも

日本食スーパーよりも安く購入できます✨

 

 

その4.

「冷凍食品」

 

私も始めはあんまり乗り気じゃなかったのですが

中華系スーパーの小籠包やシュウマイ、肉まんなどの

飲茶系の冷凍食品ってめちゃくちゃ美味しいんです😱

横浜中華街のお店で食べるのと同じくらい美味しいのに

冷凍食品なのでかなり安い❢

日本で鼎泰豊とかで出されていても多分気づかないレベルです。

安いし、保存できる期間も長いし、調理に時間かからないので

手軽にいつでも本格的な中華が家で楽しめるので

毎回いろいろな種類を4,5パックくらい一気に購入して

我が家では常に冷凍庫にスタンバイさせています✨

 

 

感想・まとめ

 

LOON FUNG スーパー ロンドン

LOON FUNG アルパートン

LOON FUNG スーパー ロンドン

LOON FUNG アルパートン

 

個人的にはアルパートンにある店舗がおすすめで、

こんな感じでコストコと同じ、若しくはそれ以上に

とにかくめちゃくちゃ広いです❢

多分本当は業者向けなので倉庫のようになってます💡

アジア系の多国籍な商品がいっぱいあって、

中には見たこともない未知の食品や商品もあって

見ているだけでもとても楽しかったです。

 

ただ、これだけLOON FUNGをごり押ししてきた私ですが、

LOON FUNGでは買わないようにしている商品もあります❢

なので、日本食スーパーも中華系スーパーも地元スーパーも

その時々で自分なりの商品の見極めと

各スーパーを上手ーく使い分けることが大事だと思いました❢

 

 

 

 

このブログは「はてなブログ」で運営しています。

まだ読者登録をされていない方は、是非登録お願いします♡

↓↓↓