ハッピーフライト CAログ

元キャビンアテンダントの日常生活とCAになりたい!を応援するブログ

本日のチーズ:グリュイエールチーズ

 

今回は先週末手に入れたNew Face

グリュイエールチーズ 」についての記録です❢

 

 

こちらが今回手に入れたグリュイエールチーズ

チーズ グリュイエール Gruyere

グリュイエールチーズ

 

<基本情報>

英語表記:Gruyere

原産国:スイス・グリュイエール地方

タイプ:ハード

原料:牛乳

⭐2001年にAOP認定

 

グリュイエール チーズ

 

 

スイスではかなりメジャーなようで、生産量はスイスで1番多いチーズらしい。

見た目は外側が薄茶っぽくて、中身はすこーし黄みがかった乳白色です。

ちゃんと熟しているほど中身が黄みがかってくるそう💡

 

ハードチーズなので硬いことには硬いのですが、

前回買ったミモレットよりは大分柔らかい印象。

 

味はかなり濃厚で、マイルドな風味と深みがあってかなりおいしい❢

濃厚さや甘み、深みのある味わいなのに後味がしつこくなくて

割とさっぱりしたほぼクセの無いチーズなので

ブルーチーズやブリーのようなチーズ独特のクセや匂いが

あまり得意じゃない人でも食べやすいと思います❢

また、舌触りはメルティーで滑らかだけど

ところどころに結晶のカリカリ感も楽しめます✨

 

グリュイエールチーズはいろいろな国でコピーが作られていて

ギリシャではグリュイエール風のチーズ「グリュイエーラ」と

呼ばれるチーズが生産されていたり,

フランスではフランス産のグリュイエールチーズが生産されていて

AOP認定もされているようですが、

スイスのグリュイエールチーズと区別するために

”サクランボ大の穴”のあるものじゃないといけないと

規定されていたりもするようです💡

 

私はそのまま食べてていますが、熱を加えても美味しいチーズなので

原産国のスイスではグラタンやチーズフォンデュなどの料理に

よく使用されているようです👀

 

以前ミモレットチーズを見つけたお店を今回も利用したのですが、

値段は約200gで£8くらいだったのでミモレットに比べると若干お高めでした💡

 

 

総合評価

★★★★★

 

 

ミモレットチーズを購入した時の記事↓

happy-flight.hatenablog.com

 

 

 

このブログは「はてなブログ」で運営しています。

まだ読者登録をしていない方は是非登録お願いします♡

↓↓↓